ショットバーでバーテンダーをした事

これまで私がやったアルバイトの中で最もカッコ良かったのが、ショットバーでバーテンダーをやっていたことです。カクテルをシャカシャカしながら作りたいと前から思っていたのです。

ネクタイを締める仕事なので、疲れるのではないか?と思っていましたが、業務になればそんな事は全く関係なく、お客さんのオーダーを一生懸命作っていました。トークをしながら優雅に作る事ができれば良かったのですが、カクテルの分量を間違わないように、レシピを見ながら慎重に作っていました。

時には、レシピに沿わないオーダーをしてくる人もいるので、それぞれの素材の味を自分で分かっていないと作れないことから、お客さんが帰った後はオリジナルのカクテルなどを作ったりしていました。

傑作のカクテルが出来上がると名前をつけて、オリジナルカクテルとして売り出したいと思うようになりましたが、そんなに有名なバーテンダーでもないので、その夢は叶わなかったのです。