スーパーのレジ打ちは簡単である

私の住んでいる地域には、大手のスーパーマーケットが資本のコンビニがあるのです。お店の規模はコンビニと同じなのですが、その店は深夜の十二時にいったんお店を閉めるので、厳密的にはコンビニではありません。

ですが、小さめのスーパーでありながら、卵や野菜類を安くで売ってるお店なので、近くの主婦達はよく足を運んでくれるのです。そのスーパーでレジ打ちのアルバイトをやっていました。

お店は店長も入れて三人でやりくりするので、昼食時間も一人ずつです。なので大きなショッピングセンターでスタッフがワイワイやっているのを見るととても羨ましく感じたのを覚えています。

スタッフの少ないスーパーだと、自分のやっている作業の比重が多くなり、バイトだろうが責任の範囲が多いのです。これを嫌う人もいるかもしれませんが、私の場合は仕事のやり甲斐となっていい緊張感が保てるのです。

この疲れない程度の緊張感が続くので、私の好きなアルバイトの一つなのです。