スーパーのレジ担当は簡単である

これまでアルバイトをいくつもやってきましたが、食料や雑貨品などを取りそろえているスーパーのレジを担当した時が最も簡単で楽でした。

大きなショッピングセンターのチェーン店ではなく、地元の昔からあるスーパーだったので、従業員や店長などもフレンドリーな感じで接している職場でした。お客さんも見慣れた人だったので、レジで打ち間違いをして、再度計算し直しても、笑って話してくれるお客さんが多くいたのです。

なので、リラックスして仕事をする事ができ、入荷商品の検品や品出し作業をしていて、お客さんが商品をレジに持ってきた段階でレジ前にスタンバイします。これの繰り返しをずっとやっていると、勤務時間が終わっているというパターンです。

夢中になって仕事をしていると上がる時間になるので、仕事の疲労もほとんどなく毎日のルーチン作業のような感じになっていました。程よい運動にもなっていたので、1日のサイクルのバランスも良かったのだと思います。これが自分に合ったアルバイトなのだと実感できたのです。