スーパーの店員が良いこと

いくつものアルバイトを経験してみて思うのは、結局はスーパーのアルバイトが最も良いように思います。スーパーは、お客さんが多くなった時間には、レジを素早く操作する技術が問われるので、集中力をMAXにして働くのです。

一段落して時計を見ると、あっという間に2時間程度が過ぎていることがあります。そして店内の新入荷商品を陳列して、どの商品が売れているかを確認して、店長に報告するのです。

そんな当たり前の業務ですが、現在お客さんが求めている商品が分かり、価格が安くなっているお買い得商品も分かるので、自分が買い物するときの目安にもなります。

何より良いのは、チラシが出てお店の売り出しの商品が逐一分かるので、食料品を買うときにはほとんど最安値で買うことが可能になります。ただ、他のスーパーが明らかに安い商品が分かると、他で買う事もあります。

そんな知識が深まるのもスーパーでアルバイトをするメリットだと思います。特に自分で食事を作る人は絶対にスーパーが良いと思います。