センター受験で合格を目指す

大学受験では、私立大学への合格を希望している場合、多くの大学が採用しているセンター試験をクリアするだけで一般入試を受けずに入学することが可能です。
しかし、センター試験は難易度がそれほど高くない一方で、MARCH以上の難関大学の合格ラインは85%程度となることから十分な準備と対策を行わなければ、得点することは困難なのも事実です。
では、センター試験で難関大学の合格ラインに届くためには、どのような勉強をしたらよいのか。最も重要なことは、センター試験の出題される範囲を徹底的に覚え込むということです。難関大学の一般入試の場合には、教科書に載っていない問題が平気で出題されるため、特化した対策が必要となりますが、センター試験は原則として高校で習う範囲までしか出題されないことから、ハイレベルな学習にそれほど力を入れる必要はありません。
その半面、基礎については100%覚えたと言えるレベルに達することが要求されますので、高校の範囲はしっかりと取り組んでおきましょう。