ティッシュ配りのアルバイト

アルバイトをする際、チラシを配ったりティッシュを配るといったアルバイトは定番です。
私は短期アルバイトでティッシュ配りのアルバイトをしたことがありますが、250個ほどティッシュを渡された時はどうなるかと思いました。
周りの人の目や他の社員の人たちの監視あり、自分でティッシュをコッソリ持ち帰るなんてことは決して出来ないですし、炎天下の中企業名がかかれているハッピを羽織って必死にティッシュを配り続けました。
ティッシュは受け取ってくれる人が比較的多く、250個あったティッシュも案外早く配り終えることが出来て良かったです。
場所も大阪でしたし、気さくな大阪のおばちゃんなどは1つではなく2つちょうだいと要求してくれることも時たまあったりして助かりました。
ティッシュを渡す時にはなるべく相手の手の位置や体の向きをきちんと確認して受け取ってもらいやすいように手を差し伸べたり、ティッシュ配りのアルバイトを続けるにつれて少しずつ配り方のコツがわかってきたのも面白かったです。