テニスサークルに入っていたことに「普通だね」と言われますが…

「大学の頃に所属していたサークルは、テニスサークルです」というと、「あ、普通だね」と言われる風潮がありますよね。あれは何なのでしょうか?

世間の人のオーソドックスな「テニスサークル」のイメージと言えば、大学に入る前まではテニスなんかしたことはなかったけれど、大学に入って彼女や彼氏も欲しいし、出会うためにもサークルにも入らなきゃね。じゃあ、テニスサークルって合宿もあるし、男女の出会いの場だろうし、爽やかだし良いんじゃない?的なノリのイメージでしょうか。

テニスサークル、略して「テニサー」は、往々にして「チャラチャラしている」イメージにて語られますよね。

しかし、私の大学における「テニサー」は、わりと本気のテニスをしていたため、キャハハウフフ的なノリはありませんでしたね。

人数的には「サークル」扱いだったのですが、内容は「部活動」そのものでしたね。一個上の先輩が原因なのか、鬼コーチ的存在で、テニスのインカレでも上位に必ず食い込んでいましたし、本気度合いが違いました。

ですから世間の持っている「テニサー」のイメージと私の中でのイメージには結構大きなズレがあることに、社会人になってから気付きます。