ディスカッションではうつむき加減?

大企業はもちろん、中小企業でも多く取り入れられる「グループディスカッション」。

「エントリーシートでお祈りされず、やっと掴んだ最初の関門が既に難関なんですが……」

そんな風に思う就活生も多いのでは?

筆者の就活時代は、大量の就活生を絞るための「ふるい落とし」試験という風に言われておりました。
実際、ちょっと目立った人や、リーダーを務めた人が通っていましたね。
でも、地味〜な人も通過しています。私です。

人見知りで初めての人と会うと顔が赤くなり、手足が震え、声はかすれ……そんな私でも通ることがありました。


何が大切か。
それは、「うつむかないこと」です。

グループディスカッションの目的の一つに、「人とちゃんとコミュニケーションが取れるか」試す部分があります。
だから、なーんにも話さず、うつむいて、「僕もそう思います」と言い続けてしまうと「この人、だいじょぶかしら?」となってしまうのです。

そのため、とにかく顔をあげること。何か言えるかどうかは、顔を上げてから考えましょう。
そう考えると、苦手意識を持っていた人でも、ちょっと楽になりませんか?

就活の本番は面接から。グループディスカッションに重きを置きすぎず、がんばってみてくださいね!