デザイン会社のアルバイト

私は中学のころから、絵を描くのが好きで、漫画家になりたいと最初
思いました。でも、ストーリーを考えるのがあんまり得意ではないから、
純粋に絵だけを描く仕事をしたいと思っていました。それで、高校生に
なったときに、デザインの勉強をはじめました。ほぼ独学で。
その後、大学に入ってから、デザインのサークルに入りました。
そこでいろんなテクニックをさらに磨きました。磨きながら、
先輩の紹介もあって、デザイン会社のアルバイトをしました。
実際に自分のデザインが仕事になるという実感をはじめて、
持ちました。アルバイトという見習いを経て、大学を卒業と同時に、
そのデザイン会社に正式に社員として、採用されました。
アルバイトは3年間やっていましたから、入社前に、すでに仕事の
基本は理解していましたし、スムーズに正社員になれて、うれしかった
ですね。とにかく私にとって初めてのアルバイトが、将来の道筋を
決める仕事であった、ということになりますね。