デジ絵研究サークルについて

私が学生時代デジ絵研究サークルに所属していました。内容はパソコンで美しい絵を書くことについて研究するというものです。
私は高校生の頃アナログで漫画を描いていましたし、少しばかりデジタルに手を出したこともありました。
しかし本気で取り組んだことはなかったので、デジ絵に関してはかなりの入門者です。
最初使用したソフトはSAIでしたが、数ヶ月経って腕を上げるとクリップスタジオEXを導入して絵を描いていました。
ペンを動かしているうちに、元の画力もどんどん上達していくのが感じられました。
今まで絵のスキルの伸び悩みを感じていたので、この目に見える上達はとても嬉しかったです。
絵に対する熱も燃え上がってきて、卒業までには同人誌を何冊か出せるほどになりました。
卒業してからもサークルで身につけた技術を活かして、趣味でイラストを描いています。今の目標はまた同人誌を出すことで、それに向けて毎日絵の練習をしたり構想を練ったりしています。
長く続けられる趣味を持てたので、このサークルに感謝しています。