トイレの清掃のアルバイト

普通の人はトイレの掃除を嫌います。臭い臭いがする場所でもあるし、一つのトイレの作業が終わると、また別のトイレの作業が待っているので永遠にトイレから逃れられないような状況になります。

その事が耐えられなくて、トイレ関係の作業を敬遠するのだと思います。これを逆転の発想で考えていけば、昼間に仕事をしているのにかなり高給取りという状況になります。

力仕事ではないので誰にでもできる作業でお得です。そんな考え方からトイレの清掃業のアルバイトを数ヶ月間やっていたことがあります。トイレの清掃の仕方はルーチン作業として決まっていて、洗剤を入れてブラシで擦るだけです。

一つの洗剤で思うように綺麗にならないのなら、次の洗剤を使って清掃し、それでも変わらないならつけ置き状態にします。ここで強めの洗剤が出てくるので、汚れや臭いが取れないことはないのです。

この当たり前の作業に慣れてしまえば、トイレの清掃員の仕事を十分にやっていけることが分かります。