ハーフタイムで帰っておけば…

その年はワールドカップがあった年でした。ドイツで行われた年だったので、日本との時差がかなりあります。しかし、深夜のバイトをしていた私にとっては、ちょうど良い時間でした。
その日も試合が行われていました。日本戦ではありませんが、強豪がぶつかる注目の試合の1つです。日本戦ではなくても、この試合に興味津々でした。そのため、ちょっと見始めてしまうと止まらなくなってしまいました。
サッカーは野球と違い、ハーフタイム、試合終了になるまで試合が止まりません。なので、私はいつまで経っても帰るタイミングを見つけることが出来ませんでした。バイトは早上がりだったのに、まだ休憩室にいる私。「まだ、帰っていなかったの?」と仲間に言われてしまいます。しかし、私はまだ見ます。
ハーフタイムを迎えますが、15分で家に帰ることが出来ない私は、そのままいることを決意します。しかし、後半の途中に閉店を迎えます。お店を閉められないということで、追い出されてしまいます。他のバイト仲間は興味がなかったのです。最後まで試合を見ることが出来ず、こんなことならハーフタイムに帰っておけば良かったと思わされました。