バイクで長距離運転

大学時代バイク好きが何人か集まってしょっちゅう遠出していました。みんな乗っているバイクはまちまちで、XVビラーゴ、ホーネット、CBフォア、エリミネータそして私はXJR400と節操のないバイク集団でした。

大学二年の夏です。7,8台で集まって、その日はまだどこに行くか決めて無かったのですが、突然一人が山中湖まで行って帰ってくるかと言い出しました。その時時間は午前9時。スマフォなんて物はまだ無い時代です。所要時間等が正確に分からない中、一人言ったことがある奴を先頭に中央自動車道を片道2時間30分ぐらい走りました。その距離約150kmです。お昼ちょっと過ぎに山中湖についた私たちは山中湖のボート乗り場の管理人さんにおいしい御飯やさんを訪ねて、たしか近所のラーメン屋さんに行きました。長旅の疲れからか、ただの中華そばがめちゃくちゃおいしかったのを今でも鮮明に思い出します。同じルートをそのまま戻って、大学に戻ったのは夕方5時。その時言えることはただ一つ、お尻が痛い。中型バイクのサスペンションで300km走りっぱなしは若いから出来たことだなと懐かしくあの頃を思い出します。

いつかバイクの高級車ハーレーにのってあの頃の仲間ともう一度ツーリングしたいです。