バックヤードでの挨拶

10年くらい前の話になりますが、サティに入っているパン屋さんでアルバイトしていました。
そこでちょっと面白かったのが、バックヤードに入って、サティの従業員とすれ違うと必ず「お疲れさまです」と挨拶するんですよね。鮮魚売り場の白長靴のおじさんやアイスクリーム屋のお姉さん、スーパーのレジ打ちのおばさんなど、他のお店の色んな知らない人たちと「お疲れさまで〜す」とすれ違う度に挨拶しました。
それで、バイトが終わってサティを出て普通の道路を歩いている時も、そのテンションを引きずってしまい、思わず通行人とすれ違うときに「お疲れさまで〜す」と言いそうになるんです。
ルミネでバイトしている友達にそのことを話したらすごく共感してくれました。バイトあるあるかもしれませんね。
それにしても大型施設のバックヤードって不思議な雰囲気がありますよね。明るい店舗のゾーンとは打って変わって、薄暗くてコンクリート打ちっぱなしの迷路のような感じです。あの雰囲気が、私は結構好きでした。今では懐かしい、いい思い出です。