バドミントンサークルに参加してみた

私は学生時代、インカレバドミントンサークルに所属していました。その内容は様々な大学から集まった人とバドミントンをして遊ぶというものです。どこかの大会に出るというようなことはありませんでした。高校生の頃趣味でバドミントンを少し遊んだことがありましたので、このサークルの競技性よりも遊びを重視するというスタイルは気楽で自分にあっていました。
普段他の大学生と話すことはなかったので、このサークルに入って色々な人と交流できたのも楽しかったです。私は人見知りがちで自分から輪に入ることも難しかったのですが、私をサークルに引き込んでくれた友人のフォローもあってなんとかほかのメンバーとも良い関係を築くことができるようになりました。
大学に入ると体育の授業は希望制ですので、これを取らない限り運動する機会というものは殆どありません。ですので、定期的に体を動かして健康を維持できるという意味でもこのサークルは効果があったと思います。