バンドサークル

大学4年のうち3年間を私はバンドサークルに費やしました。大学1年の時に友人に誘われてノリで入ったのがきっかけです。ギターを触ってみたかったので、ギター担当になったのですが、当時全く経験のなかった私は、0からのスタートでした。大学に入って始めたバイトの初月の給料をほとんど全て初心者用のギターセットを購入し、教本を見て毎日コードの練習をしました。ギターの練習は地道で、私にとってはとてもツライものでした。指が痛く、なかなか上達せず、イライラもしましたが、一人ではなく仲間がいるということで頑張れたのだと思います。

1年生の冬になると、学内でのライブイベントがあり、初めて出演者として参加しました。舞台に上がった時の緊張感と、演奏を終わった後の達成感、しびれるように興奮した感覚を経験した私は、それからバンドに夢中になりました。

3年の冬まで3年間活動をつづけ、就職活動の為引退しましたが、一生の趣味と仲間をつくることができました。
一つのことに夢中になることで、とても大学生活が刺激的になりました!