バンド活動をしている人たち

高校の時には、有名なロックバンドを真似したコピーバンドが多かったのですが、大学になってもバンド活動する人は少なからずいたのです。私も下手くそながらバンドに所属してたことがあり、興味があったので活動内容などを見に行ったことがあります。

そのサークルは視聴覚室の近くに儲けられた部屋で、どうにかドラムが1セット置かれているだけのこぢんまりした部屋だったのです。思いっきりアンプのボリュームを上げて歌うのは難しそうな場所でした。

そんな制限されたスペースの中でやりくりしているバンドだったので、なんだかかわいそうな感じになってきました。大学側から活動費用が支給されることはないので、自分たちでアルバイトをして場所を確保し機材を準備していく必要があります。

なので、大学になってもバンド活動する人は相当な気合いが必要になってきます。将来的に音楽を目指すなら良いですが、遊び感覚で活動するには、バイトで活動資金を集めてくる時間も必要なので、かなり苦しい状況になります。