バーガーチェーン店で掃除のアルバイト

学生時代は生活費を稼ぐ為に、いろいろとアルバイトをしました。

当時は、埼玉の時給で750円くらいが最高だったと思います。
ハンバーガーチェーン店の夜間清掃が、深夜から早朝まで働き詰めの代わりにこの金額で、

一晩でまとまった収入(5千円以上)になる

と二人で応募しました。

アルバイトとは言え仕事の内容が多岐に及んでいて、店舗面積が広い店だと「一晩では無理」な内容になると、最初は気づきませんでした。
最初は、ただ頑張って仕事をしていましたが、最初に聞いた、

掃除が全部終わったら、朝まで寝てていいから

なんて状態にはなりませんでした。

なにしろ、客席、厨房、トイレすべてが掃除範囲です。
床、窓、必要があれば壁まで掃除する必要があります。
基本的に「水平な面はすべて拭け」と言われるから大変な作業となります。

この他に、巨大なゴミ箱の中身をまとめて捨てたり、食材の搬入、広大な駐車場のゴミ拾いまであります。
若いので仕事自体は頑張れるのですが、翌朝マネージャーによるチェックがあって、これが精神に悪いと言う事で二人で辞めました。
なにしろ、チェックが8時なのに、7時から客を入れ始めます。
それで「ちゃんと掃除したの?」と言う方が無茶でしょう。
一晩寝ないで働いた若者が反発するには、十分な理由だったと思います。

大変ではありましたが、経済的には確実に助けられたアルバイトです。
たまに募集広告を見かけますが、今の時給は千円を超えています。
手っ取り早くお金が欲しい人にはお薦めと言えるでしょう。

また、米国的な「マニュアル至上主義」の良い点、悪い点を身をもって学べたと言う意味では、やはり貴重な体験だったと思います。