バーテンダーのイメージ

学生の頃には女性にモテたいと思っていたので、カッコいい仕事をすることが希望だったのです。その時に思いついたのがショットバーのバーテンダーでした。

どんな技術が要るのか分からなかったので、すぐに募集があっても面接に行くことが出来なかったのですが、次第に居酒屋の仕事などをしていたらバーテンダーの仕事はとても簡単であることが分かってきたのです。

そして、アルバイトの求人募集を見てみたら何件か良い時給で募集していたので、面接に行ってみたのです。すると..バーテンダーになりたいというバイト希望者は結構多いようで、不採用になってしまいました。

やはり、ある程度の慎重やイケメンであるか等はチェックしているようです。これに諦めずに今後も求人募集があったら試してみる予定です。数時間だけの臨時の形態でも良いので、やってみたいと思うのです。

アルバイトの募集広告ばかり見ているので、あまりよい条件が見つからないのかもしれませんが、正社員でバーテンダーというのは逆に考えてしまいます。