パスタ屋にお偉いさんがやってきた

パスタ屋さんでアルバイトをしていた時のことです。個人経営のお店でしたが地元ではけっこう有名で、ある日お偉いさんが来ることになっていました。
その日も私はバイト予定だったので、そのお偉いさんの接客をしなければならなかったのです。
自他共に認めるおっちょこちょいの私ですから、最後まで何事もなく終わるというわけにはいきませんでした。
お偉いさんが集団でいらっしゃったので、店長に渡された水を運ぶのすらひと苦労。
店長には丁寧に運ぶようにと念を押され、言われた通りゆっくり歩いて落とさないように気をつけていました。
しかし、お偉いさんの一人が席を立ってコートを脱ぎ始めた時の手が当たってしまい、見事にコップをぶちまけてしまったのです。
水が少しお偉いさんたちにかかってしまい、私は謝り続けました。
でもみなさん優しい方で、笑顔で水だし大丈夫だよと許してくれたのです。
しかし店長はそうもいきませんでした。
顔面蒼白で、バイト終わりにきつく叱られたことは言うまでもありません。