パソコンショップのスタッフ

パソコンを専門に販売しているお店でアルバイトを募集していました。パソコンは以前からずっと好きであり、常に複数台のパソコンを所有していたりするので、そのあたりを面接でアピールしたら採用してもらえたのです。

そして仕事を始めましたが、基本的には新しく入荷する商品の検品作業と、品出し作業をやっていました。売り場の基本構成や商品が陳列されている位置を覚えてきた頃に、中古パソコンの査定などをするようになりました。

中古パソコンのリサイクルでいくつもの機種を準備していますが、パソコンのスペックは日々進化していき、価格も下がっていくので中古のリサイクル商品を購入する人はほとんどいません。なので買い取り価格もかなり安くなるし、陳列していてもあまり売れないので困る在庫となるのです。

また、パソコンの修理依頼も増えており、細かな部品の修理をするよりも基盤ごと交換する方が安上がりなのです。なので修理コーナーも人員を減らし、いくつかのチェックを済ませれば、部品交換を案内するようにしていたのです。