パソコン修理のアルバイト

パソコンを修理するという仕事のアルバイトがあったのでやってみる事にしました。私は高校生の頃から自分のパソコンを複数所有しているマニアだったので、パソコンのパーツを分解して、自分の好きなように作り替えるのが好きだったのです。

なのである程度のパーツの特性や交換できる部品の種類なども分かるのです。そのあたりを面接で話したら翌日から出勤となりました。仕事はお客さんが店頭にパソコンを持ち込んできて、修理依頼をするのですが、その時点でどの部分が問題であるかすぐに指摘する必要があります。

パソコンの起動自体に問題があるなら、マザーボードかハードディスクのどちらに問題があるかのチェックをします。そのチェックが済んでから、電源が供給する電力が安定しているかをチェックして、問題箇所を切り分けていきます。

そのほとんどがマザーボードの老朽化か、ハードディスクの破損によるものなので、データのレスキュー作業と、新たなハードディスクへの差し替えとなります。私としては楽しみながら仕事ができる良いアルバイトなのです。