パソコン研究サークル

私は学生時代、パソコン研究サークルに所属していました。主な活動内容はパソコンの基本操作から始まり、ウェブサイトの作成やデータベースの検索方法について学んでいました。
私は大学以前にもパソコン部に所属していたこともあり基本操作はマスターしていたので、主にデータベースの検索方法について学ぶことが多かったです。
大学のパソコンからは様々なデータベースにアクセスできるようになっており、一通りのツールには触れてみました。
その時大学で図書館司書の資格を取得するカリキュラムも組んでいましたので、この授業とサークルの相性はなかなかよかったのです。
サークルで教えてもらった中でもよく閲覧していたのがグーグルスカラーであり、これは色々な論文にアクセス出来るという優れものです。
一般のPCにはアクセスできないような論文でも、大学など学術機関のPCではその制限が課金によって解除されているので使い勝手は抜群でした。
卒論を手がける前にこのツールを使いこなせるようになれて、情報収集能力がとても向上したのがこのサークルの大きな利点だと思います。