パソコン関連のスクールに通う

私は大学在学中に社会人になってからのスキルを向上させようと思って、パソコンの技術が習得できるスクールに通っていました。

基本的にはビジネスソフトの扱い方を習うというスクールでしたが、キーボードを見ないで文字入力をするタッチタイピングをマスターするという事が必要だと思ったのです。

その頃には、ビジネスの中心となる広く使われるソフトがほぼ確定された時期だったので、いくつかのソフトを完全に扱えることが出来れば、仕事にプラスになることは間違いなかったのです。

そのパソコンスクールに通っていた頃に、別の大学の生徒と仲良くなることがありました。女性ならコンパなどが出来るので良かったのですが、その頃にパソコンスクールに積極的に行くのは男性ばっかりだったのです。

しかし別の学校の情報が入ってくるので、学園祭などのイベントの時にはいつも行って合図をするようにしていました。その友人は今でも付き合いがあるので、ビジネスソフトの使い方よりも交流が広がったことがメリットだったかもしれません。