ヒッチハイクで記録を作る友人

かなり昔ですが、ヒッチハイクで世界を横断するというテレビ番組がありました。無謀な事であると考えられたのですが、何とか予定したルートで撮影を終えて日本に帰ってくるまでの内容でした。

このテレビ番組の内容に触発されて、ヒッチハイクを始める者がいたのです。行き先は隣の県の観光地に設定していましたが、必ず行きたいという理由は無くて単にヒッチハイクで何処までいけるか..という記録を作っていきたいという考えです。

テレビ番組などを見ていると、簡単に車が止まってくれて乗せてもらえるように思いますが、実際にヒッチハイクをすると3時間程度で1台が止まるようなレベルなのだそうです。

恐らく人を見て決めるはずなので、かわいい女性なら乗車率もかなりアップしていたと思うのです。それが、体格のある男性の場合だと、何かのトラブルに巻き込まれる恐れがあるので、車を止める人はほとんどいないのだと思います。

その友人としては、社会の厳しさを知った良い経験になったようなのです。この経験は社会人になってからも生かされると思うのです。