ファッションにハマった大学時代

大学時代はとにかくファッションにハマっていました。
年頃ということもあり、いろんな雑誌を見ては、それに載っているお店に友達と行ったりしていました。
お金もほとんど服にかけていたと思います。
なので家の中もたくさんの服でいっぱいでした。
日本は四季があるので、必要になる服もたくさんあるんですよね。
春夏秋冬とそれぞれの季節で着る服は変わってくるので、その度に自分のお気に入りのお店に行って新作をチェックしていたりしていました。
大学時代はとにかく時間がたくさんあったので、いろんなお店に足を運びました。
今となってはとてもいい思い出になっています。
たくさんの服を見たり着たりしていくうちに、自分にはどのようなデザインの服が似合うのかといったことが段々と分かってきました。
一方でどういった服が似合わないかということも分かりました。
これは大学を卒業した後にも役立っています。
他にも服の着こなしや色の組み合わせなども、現在服を選ぶ時に役立っています。