ファッションショップは気を使う事

ファッションを販売するお店でアルバイトをするには、ある程度のセンスが必要になってきます。それは、私服で仕事をすることはもちろんのこと、お客さんからコーディネートの質問があったときに、ある程度の提案ができる必要があります。

ファッションの合わせ方は、人によって大きく変わってくるのでそれぞれが正解か、不正解かなんて分かりませんが、おかしくない程度のファッション感覚は必要になってくるのです。

アルバイトの面接でそのあたりをテストするのは難しいので、やる気満々状態で面接を受けると、ほとんど採用してもらえると思います。そしてその時点からセンスを磨く勉強をする必要があります。

何も分からない状態で仕事を続けていると、お客さんからも変な目で見られるし、自信を持って商品を販売できない状態が続くと、自分のストレスにも繋がります。先輩のスタッフに細かく教えてもらうことができれば良いですが、親切な先輩がいる職場環境はあまり多くないと思います。