フリーターだって悪くない

正社員にならずにアルバイト先を転々と変えるフリーターのような働き方も、私はアリだと思っています。世間ではなにかと不遇な目でみられてしまうフリーターですが、これだって働いてお金を得ていることになんら変わりありません。別に悪いことをしているわけではないのだから、もっとこの働き方を認めてくれるような社会であってもいいように思えるのです。
アルバイトといえば、一生ひとつの会社で働くのではなく、短期間で収入を得るための働き方です。収入は少ないし、会社からそれほど責任ある仕事を求められるわけではありません。とにかく、アルバイトと会社は一時的でドライな関係なのです。
ちょっと寂しい関係のように思われるかもしれませんが、これは返って会社に縛られない自由な関係であることを示唆しています。いつでも働くことができて、いつでも辞めることのできる関係なのです。
フリーターなら、その都度変化する消費者の需要に対していつでも対応できます。これこそが、アルバイト先を転々と変えることのできるフリーターの最大の魅力なのです。