ブラウンフィンガー。

ブラウンフィンガーなんです。この反対語って、グリーンフィンガーですよね。
受付のアルバイトをしていた時に、受付に飾ってあるミントの植物がありました。
私の前に受付でアルバイトをしていた人がうまく育てていたらしく、グングン生き生きとして伸びていました。小さな鉢植えだったのですが、顔を近づけると、ほのかに爽やかなミントの香りがして気分がフワッとリラックスしたのを覚えています。
そんなミントは育てるのが難しいらしく、以前の受付の女の子は、グリーンフィンガーと呼ばれていました。
なんでも育てるのがうまくて、枯れかけの植物も彼女の手にかかると緑に変化するのだそうです。
当時、その子と受付で一緒に働いていた女の子がいたので、その話を教えてくれました。
ちなみに私は。ブラウンフィンガーで、なんでもすぐにガ枯らすのが得意なんです。まったく自慢になりません。ちなみに教えてくれた子もブラウンフィンガーでした。
二人でミントの世話をしていたのですが、あれよあれよという間に枯れてしまいました。