ブランドバッグに憧れた大学時代

私は東京に住んでいて都内の大学に通っていたということもあって、女子大生がオシャレに力を入れている大学に通っていました。
大学時代はあまりお金が無かったですし、仕送りが少ない一人暮らしだったのでブランドバッグに妙に憧れた思い出があります。
ハイブランドのしっかりしたバッグを持っている友達も結構多くて、本当に憧れました。
私は五千円くらいで買ったA4サイズのバッグを快適、汚れてきたり劣化してきてボロが出てきたら買い替えるという形でバッグを選んでいましたが、何度も買い換えたのでハイブランドの良いバッグを最初に一個買っておいてずっと使うという方法は案外良いかもしれません。
大学時代はあまりお金が無かったので、自分が本当に買いたいブランドの服が買えなかったり、デパートの高いコスメは欲しくても諦めたり、物欲との闘いでもありました。
しかし、OLになってからはお給料でいろいろなものを買えるようになったので、大学時代のうちは節制して我慢しておいてよかったです。