プライドのおかげで受験を乗り越えることができた

韓国は学歴社会で、受験戦争が文化となっているらしいです。
受験当日はパトカーが学生を学校まで送っていくことも難しくないのだとか。
日本の場合そこまでしませんが、学歴が重要であることに違いはありません。
良い大学に入ったからと言って良い人生が送れるとは限りませんが、良い大学に入った方が人生の選択肢が増えるのは事実です。
私は勉強が苦手だったので最初はレベルの高くない大学でいいやと思っていたのですが、妙なプライドがありやっぱり名前の知られている大学に行きたいと思うようになりました。
そのプライドがあったおかげで苦手だった勉強も克服して受験に合格することができたんです。
有名な大学に入って大きく変わったことは特にありませんが、大学名を聞かれた時に胸を張って答えることができるのは嬉しいですね。
もしプライドが無く無名の大学に入学していたら、就活の時に絶対苦労していたし、学歴コンプレックスも持ってしまっていたと思います。