プリンは私のお気に入りである事

乳製品を扱ってる工場でアルバイトをした事があります。マニュアルに書かれている製品の材料を大きな容器の中に入れてスイッチオンするだけで、ゼリー、プリンなどの乳製品などの商品が作られるのです。

その分量は企業秘密のようになっていましたが、見るからに砂糖だったり、成分無調整の牛乳だったりと何をどれだけの分量も出てるのか分かります。

そんな時に思ったのは、市販されている乳飲料などにも結構な糖分が使われていることが分かりました。特にヨーグルトドリンクやカフェオレ等には尋常じゃないほどに糖分を投入していきます。これを見たら飲みたく無くなる人は多いのではないかと思うのです。

アルバイトでは、このような工場でしか見られないような裏情報をいくつも得る事ができるので、興味深いのです。逆に言えば、製品パッケージとして売られているドリンク類と同じようなドリンクを自分でも作る事が可能になるのですが、何故だか作ろうとは思わないのです。