ペットショップの美人店長さん

高校生の時に、生まれて初めてしたアルバイトがペットショップの店員でした。

通学の途中にある大型スーパーに入っているペットショップで、
自宅からも近く通い易いことはもちろんだったのですが、
何より子供の頃から大好きだった動物に関わる仕事が出来るのがとても嬉しかったことを覚えています。

正直、時給はその当時の最低賃金よりほんのちょっと多いだけで、
週末だけのアルバイトだったので大した金額にはなりませんでしたが、
好きなことに関われるだけで満足だったので、そんなことは気にもなりませんでした。

私に色々と仕事を教えてくれたペットショップの女性店長さんは、
ほっそりとした美人な方だったのですが、その手は荒れてボロボロだったことが忘れられません。

やはり、動物の世話で汚い物もたくさん触らなくてはならないだろうし、
汚れを落とすために水や洗剤を一日に何度も使うので、あんな風に荒れてしまうのだと思います。

美人な店長さんに似つかわしくない荒れた手からはプロ意識が感じられ、
私も真面目に働かなくては、と思わせてくれました。

今は40代になった私ですが、若い頃にいい経験をしたものだと、
今でも懐かしく思い出します。