ホテルのフロントのアルバイト

ビジネス系のホテルでアルバイトを募集していたので、面接に行きました。私は、それまでは食料品や雑貨品を売るようなお店でアルバイトをした経験しかなかったのですが、接客業務を真面目に取り組んでいきたいと話したら採用してもらいました。

そのホテルの業務は、フロントでお客様の相手をして、そして客室まで荷物を運ぶこと。そしてチェックアウト後に部屋の清掃を行うという何でもありな仕事内容でした。元々高級ホテルではないので、多くの従業員が作業分担しているホテルではなかったのです。

常時、数名がスタンバイしていてフロント業務と、客室係を掛け持ちでやっていました。シフトの人数が足りないときには厨房のスタッフの仕事を手伝うことがあったりと、長くアルバイトをしていると何でもこなすことができるエキスパートになりそうな仕事でした。

ただ、私が仕事をする時間帯は夜間に多くなってきて、長い時間を少ない人数のアルバイトでカバーしていくという状況になりました。夜間は暇な事が多いのですが、フロントの作業は間違えてはいけない重要な仕事が多いのです。