ポケットティッシュを配るアルバイト

以前にチラシ配りのアルバイトをやった事があるのですが、その時にはお客さんにビラを取ってもらうことはとても難しい事であると分かったのです。

お客さんに接近する体の動きや、一言声をかけるタイミングなどが変わると、とたんに受け取らない人がいるのです。うまい人に習ってビラの渡し方を何度も練習したのですが、これだけはどうもスキルアップするのは難しいと感じたのです。

その時に思ったのは、チラシだけなので拒否するのだと思います。これにポケットティッシュがついているのであれば、受け取る人は何倍にも増えるのではないかと思いました。

そんな事もあり、ポケットティッシュ配りのアルバイトを率先してやることにしています。実際に町に出て配ってみても、単なるビラだけを配るよりも受け取る人の率はかなり多いのです。

なので、主任から預かったポケットティッシュが段ボールの何箱分あったとしても、最も人通りの激しい通りに出て、右から左からどんどん渡していけばすぐに無くなります。自信がついてきてうまくなっているのです。