ラーメン屋さんでのアルバイトは…

学生の時でした。二人で申し込み、即決でした。そのときに、まさかあそこまで忙しいとは知りませんでした。
カウンターしかない店なのに、混雑もいいところで、お兄さんが次から次へとひっきりなしに入ってきて、すごい早さで食べては出て行くので、人をかき分けかき分け、出したり下げたり、もう、自分の手がほんとにどこにあるのかわからないくらい忙しくメチャクチャで一日は飛ぶようにアッという間に過ぎました。
私は脂汗をかいていましたが、もう1人は私を見てものすごいおかしそうに笑っていました。
なにが、そんなにおかしいのかわからないけど、とてもうれしそうでした。
私はその笑顔に支えられ、なんとか無事に一日をリタイアせずに終えることができました…
今頃だったら、セクハラに合うくらい、すごいもみくちゃで、何もなかったのは不思議なくらいです。
とにかく、お給料がすぐ出ましたけど、もらっても、あんまりうれしくないほどメチャクチャに働きました。
給料は、自分が働いた分はきちんともらってるのに…全く笑顔になれませんでした。疲れで…
先々の社会人になってからのことも、こんなんで続くかな?とそのときには思ったからです。
人好きはラーメン屋さんが寂しくないからいいと思います。