リサイクルショップで仕事をする

大手のファーストフード店など、仕事内容がマニュアルで細かく決められているような仕事をすると、疲れてしまうような人には、リサイクルショップのアルバイトは適しているのではないかと思います。

基本的には、古いものを買い取って綺麗に再生してから販売するだけです。仕事も、店内の商品を見れば何をやれば良いのか分かってくるので、自然とやる事はいくらでも出てきます。

出張して商品を仕入れに行くこともありますが、そんの時は店長が必ず同行します。私に買い取り価格を決める権限はないのです。大型テレビや、洗濯機などを下取りしたときには、軽トラックに積み込んで、しっかりとロープで固定します。

そしてお店に戻ってメンテナンスをするのですが、このサイクルが何度も続けば、在庫が増えて品揃えも充実してくるのですが、最近は購入予定で見に来る人は結構いたりしますが、在庫がどうしても揃わない事が多いのです。

もっと在庫が揃っていれば、売れたはずなのに..という状況が多いので、商品の仕入れには、かなり敏感になっていました。