リサイクルショップで働いたこと

アルバイトを探すと気になるのが仕事内容ですが、前から気になっていたのがリサイクルショップの商品の流れです。最近は様々なショップを見かけるのですが、それだけリサイクルを考えてが浸透してきたのだと思うのです。

まだ使えるものを捨てるのではなくリサイクルショップに売りに行くことで、いくらかのお金に換えることができるし、何より売った人の気分が良いのです。ゴミが増えるのではなく次の人にバトンタッチをしたという感覚が良いことをしたような気持ちにさせてくれます。

そして、新品を購入せずにリサイクルショップで安いものを手に入れるという考え方の人も、捨てるともったいない商品を大切に使う考え方があって、エコな観点から気分が良くなるのではないかと思うのです。

短期間だけリサイクルショップの仕事をやった事がありますが、お店に来る人はだいたい同じ人だったりします。どこから探したのかリサイクル商品を何度も売りに来ます。そしていくらかのお金を手に入れていくのですが、これで生計を立てている人なのか気になってしまいます。