リフォーム業者で働いたこと

数年前に家の内装をリフォームする会社にアルバイトで勤務していたことがあります。長期アルバイトだったのですが、準社員ではなくアルバイトでの採用だった理由は、もしかしたら辞めてしまう人が多いという意味だったのかもしれません。

そのリフォーム業者で私が勉強したのは、建築材料の扱い方でした。長期的に利用可能な建材と、格安の建材との違いや、安く仕上げるためのコツなども分かったのです。私の家をリフォームするときにはこれらの知識を生かして、業者に丸投げせずにチェックしていこうと思ったのです。

そのリフォーム業者では給与も良かったのですが、長続きしませんでした。何故だかいつも私の希望する時間内に仕事が終わらないのです。アルバイトなので残業代は出るのですが、いつも定時で仕事が終わることが出来るのか、遅くなるのか分からない状態です。

なので、仕事の後に予定を入れる事ができない状態なのが不満だったのです。今思えば仕事を中心に考えれば、それほどストレスになることはなかったようにも思います。