レストランでウェイターをやってみたい

求人情報誌にウェイターの特集が組まれていたのです。仕事内容に比べて割と時給が高めになるという事が書かれていたのですが、実際に仕事をする時間に比べて時給は多少高めなのです。

とは言っても、最低賃金から僅かに高いというだけなので、自分に合わない仕事を無理してまでやる必要はないと思います。私がウェイターになろうと思わない最大の理由は、肉に合うワインなどの説明が難しそうだということ。

ある程度、自分でもワインを飲み慣れているのであれば、接客して説明するときの説得力もあると思うのですが、ワインを全く飲まない私が人から聞いた内容で説明できるはずがないと思ったのです。

なので、洋風の肉料理や蒸し料理とか、特別な焼き方のメニューなどを堪能して、ワインの銘柄をある程度分かるようになった頃に、ウェイターのアルバイトをやってみようかと思います。その事を思い立つ前に、アルバイトに明け暮れる年齢から卒業してしまうかもしれませんが。