レストランのアルバイトは皿洗いから

私が、洋食レストランの厨房で働くようになった最初の頃は、皿洗いしかやる仕事がありませんでした。かなりの量の食器が使われるので、一人で洗うには相当な重労働なのです。

しかし他のスタッフはそれぞれ調理をしたり、オーダーがなくなったときには、次の仕込みをする為に野菜を切り始めます。なので、何もやることがないのは私だけであり、私が食器を全て洗うことになります。これは厨房で仕事をする人たちの最低限のルールのようなのです。

数ヶ月はほとんど皿洗いと、床の拭き掃除くらいしかやっていませんでしたが、徐々に中華鍋で炒め物を作る業務を手伝うようになりました。そして、煮物をやるようになったりして、他の調理スタッフと同じような仕事をするようになったのです。

私としては、スイーツなどを作ったりする担当の人が羨ましいのですが、まだまだ自分が希望する作業をさせてもらう事は無理なのです。そんな厨房のアルバイトですが、少しずつレベルアップしていくのが分かるので楽しめます。