レストランのホールでのアルバイト

私は学生時代、レストランのホールでアルバイトをしていました。主な仕事内容は来店したお客様をテーブルに案内して注文をとったり、料理を運んだりするなどです。他にも候補はあったのですが、仕事場が家から近かったのと、制服が可愛かったことが決め手でした。
最初の頃はまずバイト敬語に慣れることができませんでした。学校厳しく教わった正式な日本語を無意識のうちに使ってしまっていたからです。しかしこれは相手に悪影響を与えるものではないため、そのまま使っても大丈夫ということになりました。
その他に苦労したのは、料理を盛りつけたお皿がたくさん持てないことです。オムライス店だったのですが一皿でも初心者の腕にはつらい重量があったのです。これも数ヶ月と続けていくうちに次第に軽々と持てるようになりました。
このアルバイトが人生で初のアルバイトでしたので、働いてお金を得ることの大変さをよく学ぶことが出来ました。大変なことが多かったですが、思い出に残るアルバイトです。