レポート試験のありがたさ

大学で選択授業を選ぶ際、テストが簡単かどうか、つまり単位を取りやすいかどうかを基準に選ぶというのが基本でした。ですが、それだけが基準ではありません。できれば欲しいなと思ったのがレポート試験です。
レポート試験とは、先生が出す問題について調べてレポートをまとめるというものです。このレポートが採点対象となるので、期末に行われるテストはありません。このレポート試験があるとないとで、試験前の負担が大きく変わりました。問題は試験期が近付いてくると発表されるものが多いので、試験直前期の負担が減るというわけではありません。しかし、覚えなければならないかどうかの違いというのはとても大きいものがあります。加えて、ノートを見て書くことが可能です。分からない所があれば、友達に聞くことも可能です。
レポート試験の存在は、精神面の負担を大きく軽減してくれたと思います。期末に一斉に行われる試験。その数は10を超えるようなこともあります。そう考えると、レポート試験のありがたさが分かるのではないかと思います。