ロシア料理愛好サークルについて

私は学生時代ロシア料理愛好サークルに所属していました。主な活動内容は、ロシア料理に関する知識を仕入れると共に、自分でも作れるように実践をすることです。
入学当初私はロシア料理に関する知識は殆どありませんでしたので、東京の色々な所にロシア料理を食べに行ってみました。
中でもたくさん行ったのが渋谷と上野の駅前にあるロシアレストランです。
ここに通って2ヶ月くらいすると、ロシア料理の味付けの基本はなんとなくわかるようになっていました。
さて知識を仕入れると次は実践です。私は普段でも食べやすいビーフストロガノフとペリメニに力を入れて練習をするようになりました。前者はミルク感の多いビーフシチュー、後者は水ギョウザのような料理です。
練習に練習を重ね、どちらの料理もかなり完成度が高まりました。最初の段階でレストランに通ったのが正解だったのか、その味付けにかなり忠実に仕上げることも可能でした。レストランの料理の味を再現出来た時はとても嬉しかったです。
現在でもロシア料理は研究してよく作っています。意外にも和食との親和性が高いので家族にも好評です。