一人暮らしではお弁当屋でのアルバイトが助かる

夕飯の食材を購入している近所のスーパーの向かいにあったお弁当屋さんに「学生バイト募集」という張り紙があったことがきっかけで私はお弁当屋さんの販売アルバイトを始めました。

夕方の四~六時時の忙しい時間帯でのバイトでしたのでお客さんは来店客は多く、基本的に忙しかったのですが、気のよい方が多く、トラブルの少ないお店でした。時給給自体はコンビニと変わりませんでしたが、美味しい匂いの中で働くことができたの満足感がありました。

余ったお弁当をいただくことができて、家での夕食の料理時間を節約することができたのがとても助かりました。自分で作るよりも美味しいですし、レポートの締め切りが迫る中で学生生活してくために何度も助けてくれました。

今までしたアルバイトの中で言えば、職場の雰囲気は良くて、人間関係が嫌で辞めたいと思うことのないアルバイトでした。接客があると辛いことが多いという先入観がありましたので、とても楽しくやれました。