世界の色々な国へ出かけ、視野が広がった

私は学生時代、せっせとアルバイトに励み、そのお金で色んな国に貧乏旅行しました。

限られた予算のなか、日程を組み立て、事前に色々と情報を集めます。

たいていの国で英語が通じますので(もちろん全く通じないところもありましたが)とにかく間違っていても、英語を話す度胸はこのとき養われました。

多くの日本人は文法などにとらわれて、話すことが苦手です。だけど、一人で旅行していると、誰も頼ることが出来ません。その日の宿のため、その他切実な理由でどうしても相手に自分の意思を伝えなければならない場面が多々ありました。このように実践を積み、飛躍的に英語力がアップしたように思います。

また世界の国々をまわることで、いかに日本で暮らすことが快適で安全なのか、その意味を再確認できました。当たり前と思って享受しているこの国のインフラ、治安の良さは、もっと貧しくて治安も悪い国を
旅することで、いかにありがたいことなのかを実感することができたと思います。これらは本当に得がたい経験でした。