中堅のベテラン

僕は17歳から27歳までフリーター【接客業】を10年間やっていたました。
その経験から接客業をするうえで気をつけることをいくつか書いてみようと思います。
~その一~偉くなりすぎない~
あまり頑張りすぎて立場が上になってしまうと色々と不都合がうまれてしまうケースが多いです。時給で働く以上役職手当等がある場合を除いて【中堅のベテランくらいの立ち位置】がもっとも責任もなく休みも取りやすく上からの指示を下に振るだけで仕事をこなしているように見せかけられる、もっとも楽な立ち位置だと思います。
~その二~休みは極力変わってあげる~
職場で好かれる重宝されるのは突然バイトが抜けた時に活躍できる人材です。

ただここで気をつけたいのはあまり素直に【いい人】を演じると、上のポジションを与えられる可能性が高まります…その為「ごめん明日仕事でれない?」と言われたら本当は予定がなくても「明日は彼女とデートなんすよ…ちょっと彼女に聞いてみていいっすか?」と適当な言い訳を作って少し場を濁しその後で「でも人いないと店長きついっすよね…分かりました俺出ますよ。」悪いことしたな…という感情を抱かせることが大切です。
これによって人間的にも評価が上がりますし、【なんかあったらあいつ暇そうだから頼ればいいや】という一番危険ななんでも屋にならずにすむわけです。
フリーターでいると【暇人】扱いされることが多いので嘘ではプライベートは多忙なフリをしているほうが自分の都合よくバイト先を利用できるので実践してみてください。
頼られることは大変いいことですがフリーターにとって仕事とは時給、正社員になる気がないなら中堅のベテランでのらりくらりいる方がはるかに安定した収入を得られるのです。