中学二年の頃から始まった受験勉強

中学までは義務教育なので受験をしたことはありませんでしたが、高校に入るために中学二年生の時から受験勉強を始めるようになりました。
中学三年生の頃は学校が終わると毎日のように塾に行っていましたね。
大変でしたが塾にも友達がいたので、一緒に励まし合ったりしてなんとか勉強を続けることができました。
第一志望だった高校に入って最初の頃は楽しかったのですが、二年に進級するとまた大学受験のことを考えなければならなくなります。
しかも大学は高校に入るよりさらに難しかったので、毎日夜遅くまで勉強していました。
大学は第一志望に落ちてしまいましたが二番目に入りたかった大学には合格。
それなりに知名度のある大学で、何よりキャンパスがキレイだったのが気に入りました。
高校生のとき専門学校に行こうか迷っていた時期もあったのですが、やっぱり大学に進学して良かったと思います。
勉強したことは無駄にはならないですし、将来にもきっと役立つと思います。