中学受験の時の先生との交流について

中学受験の時に通っていた塾ではよく友人と塾の後に残っていました。
今思うとよく頑張ったなと思いますが、ただでさえ塾が終わるのは遅いのに、その後残って友人と勉強していました。
やっていたのは授業で配られていたプリントや教材です。
家でやるよりも塾でやった方がやる気も出ます。
それで友人たちと一緒にやることに決めたのです。

わからない点はよく先生に質問しに行っていました。
私は国語は得意な方だったので、そんなに困ることはありませんでした。
しかし算数はどう頑張っても得意になることができませんでした。
特に図形の問題が大の苦手でした。
立方体の切り口の問題や角度の問題は解説を読んでもよくわからなかったので、先生に聞きまくりました。

算数なので普通は算数の先生に聞くものですが、教え方が良くて優しかった理科の先生に聞いていました。
その先生は算数も教えてくれたので、毎回理科の質問をするついでに算数も聞いてしまっていました。
いまだに良い思い出です。