中学受験の為に子供を早くから塾に通わせる理由

中学を受験したいと思ったら、遅くとも小学校4年生から準備を始める必要があります。
少し先を見る場合には、3年生から塾に通わせて早めに学校の授業を終わらせておく、ということを考える場合もあります。
どちらにせよ子供のやる気が大切になるのですが、受験をさせる為に個別指導塾にするか集団指導塾にするか迷っている人も多いことでしょう。
そんな時には、まず子供の性格を把握することから始めます。
子供がもしも誰かと一緒に勉強することで競おうと思う性格ならば、集団指導塾の方が伸びます。
しかし中にはどうしても集中力が無く、やる気のスイッチが中々入らないという子供もいます。
その場合には個別指導塾にして、子供が何につまづいて考えられなくなってしまっているのかをプロの講師に見極めて貰いましょう。
小学3年生から通わせる保護者としては、早めに個別指導塾と集団指導塾の両方に通わせておいて、4年生になった時にどちらかを選ばせることを目標にしている人も多いのです。